• 現場マニュアル

  • 機材選びの前に

    レンタル前に確認しておくべき注意点

    その1:出演者全員に使用機材を確認

    お借りしようとしている機材は本当にそのイベントにとってもっとも適切なものでしょうか?

     

    最新機材は当然良いですが、予算や使用環境、DJのスキルを考えると、モノによってはオーバースペックだったりする場合もあるので、ご予算に応じてお気軽にご相談下さい。

    弊社にとっては嬉しいですが、そのような場合は浮いたお金を有効活用した方が得策です。

     

    あらかじめ出演者全員の使用機材を必ず確認し、リストアップした上で機材を選びましょう。

    もし分からなければ、出演者のプレイ環境をメールで送って下さい。こちらでアドバイスさせていただきます。

    その2:会場の環境を確認

    よくある&見落としがちなのが、機材以外の細かな備品。

     

    <例>

    テーブルが小さくて機材を置けない。

    DJプレイヤーやミキサーはあってもインターフェイスが無い(特にSL)。

    マスター(スピーカー)ケーブルが無い&短い。

    コンセント口が足りない(ケーブル短い)。

    ターンテーブルを借りたのにレコード針が無い(出演者が持ち込まない)。

    etc...

     

    といったケース。機材だけ借りればいいというわけでは無いケースもあります。

    これらはどれもイベント前にチェックする必要がある事です。

     

    当日発覚すると買いに行く羽目になったり、せっかくレンタルしたのに使えなかったとなると無駄金になってしまい、イベントが失敗になりかねません。

     

    イレギュラーな事象で焦ると主催者は手間が増え、出演者はびっくりするので、誰のプラスにもなりません。

     

    クラブやライブハウス等の音楽を鳴らす現場にはある程度予備があったりしますが、野外や普段そういう意図で利用されない場所だと、全て揃えなくてはいけません。会場に問い合わせるか、手配する音響屋さんに事前に下見しておきましょう。

     

    もし分からない場合、弊社から音響屋さんや会場と配線周りのやりとりを行う事も可能です。

    お気軽にご相談下さい。

    その3:使用環境について(野外)

    DJ機材は最新セットだと80万円を超える高価なものです。その為、扱いには細心の注意が必要です。

     

  • 機材設置に必要なスペース幅

    DJブース台を用意する場合、設置する機材のサイズも把握しておかないと発注出来ません。

    PCDJの方がいる場合、PC台の設置も必要になってくるので、あらかじめ把握して考えておくべきです。

    横にPC台を置く場合

    余分にPC台を置くスペースが必要です。

    2台置ける余裕がある場合、PCDJ同士の転換がスムーズなのでトラブルを防げます。

    また真ん中に置かない=PCで顔が隠れないのでお客様からの見栄えが良く、パフォーマンス映えします。

     

    ※画像のように機材の横にPCを斜め置きする場合、約40cm前後の幅が必要です。

    機材の前にPC台を置く場合

    設置スペースを節約出来る

    目の前にPCがあるのでDJがしやすい

    CDJ前に2台並べると転換がスムーズ

    顔の前にPCが来るのでフロアからの見栄えが悪い

  • ◆ CDJ × 2台 + タンテ × 2台 + ミキサー1台

    【必要な機材設置幅】

    タンテ縦置きの場合:横180cm以上、縦55cm以上

    タンテ横置きの場合:横200cm以上、縦45cm以上

     

    +下にPC台設置:縦幅65cm以上

    +サイドにPC台設置(縦置き):1台=横幅225cm以上、2台=横幅270cm以上

    +サイドにPC台設置(横置き):1台=横幅245cm以上、2台=横幅290cm以上

    ◆ CDJ × 2台 + ミキサー1台

    【必要な機材設置幅】

    横105cm以上、縦45cm以上

     

    +下にPC台設置:縦幅65cm以上

    +サイドにPC台設置:1台=横幅150cm以上、2台=横幅190cm以上

    ◆ タンテ × 2台 + ミキサー1台

    【必要な機材設置幅】

    縦置き:115cm以上、縦55cm以上

    横置き:横130cm以上、縦45cm以上

     

    +下にPC台設置:1台:縦幅65cm以上、2台(タンテ前):縦幅80cm以上

    +サイドにPC台設置(縦置き):1台=横幅160cm以上、2台=横幅205cm以上

    +サイドにPC台設置(横置き):1台=横幅175cm以上、2台=横幅220cm以上

    ※上記の数字はブース台が1台の場合です。2段積み出来る場合は除きます。

  • Photos & Videos

    Take a look and enjoy!

    Seratoユーザー様へのご案内

    「PCを繋いだが認識しない」というお声を頂くケースがございます。

    Serato対応機種をPCに繋いだ際に「機材が認識しない」とのご質問をいただいております。

     

    念の為、2019年7月14日に弊社の該当機種「DDJ-SR2」「DDJ-SX2」につきまして、メーカーに検証と修理を依頼しましたが、不具合は無いとのことでした。

     

    こういった場合、主な主な原因として、

     

    ▶Seratoソフトのバージョンが古い

    ▶OSが古い

    ▶PCのスペック不足

    ▶PC側の正しい設定が必要

     

    等の可能性が考えられます。

    もし同様の症状が見られた場合、下記をご参考下さい。

     

     

    本件でのトラブルは「貸出時の機材確認において機材側の故障が認められる場合のみ、レンタル金額の全額ご返金」という状況以外は、弊社では責任を負いかねます。規約にも記載しておりますので、機材が届きましたら必ず動作確認をお願い致します。

     

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    <対応機種>
    ■Serato DJの対応バージョン
    DDJ-SR2については、Serato DJ 1.9.8以降のバージョン
    DDJ-SX2については、Serato DJ 1.7以降のバージョンに対応しております。

    ■ドライバソフトウェアのOS対応状況
    下記URLをクリックし表示する[DJソフトウェア等のサポート情報]ページ内、[OS対応情報]欄に最新情報を掲載しております。


    ・DDJ-SR2
    https://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/software-information/ddj-sr2/#operating-system-information
    ・DDJ-SX2
    https://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/software-information/archive/ddj-sx2/#operating-system-information

    いずれの場合にしても、MacがSerato DJの動作環境を満たしている必要があります。
    Serato DJダウンロードページに掲載の[System requirements]欄をご参照下さい。
    https://serato.com/dj/pro/downloads?systemrequirements#system-requirements

     

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    <設定について/PCと機材の認識>

    ■Mac「MIDIスタジオ」の新規構成

    下記URLをクリックし表示する手順書をご参照の上、2台のMacにてそれぞれ[MIDIスタジオ]画面を開いて、[新規構成]を作成をお試し下さい。
    http://faq.pioneerdj.com/files/img/Troubleshooting_macOS_001_J.pdf
    ※上記の手順書は[DDJ-RB]を接続時の例として表記しておりますが、[DDJ-RB]をお持ちの機種名に置き換えてご参照下さい。

    ■ドライバのインストール(再インストール)

    下記手順にてドライバソフトウェアをインストールします。
    1.DDJ-SR2をMacに未接続、且つ、Serato DJを起動していない状態にします。
     

    2.下記URLをクリックし、[DDJ-SR2:ソフトウェア&ファームウェア更新情報]ページの[DDJ-SR2 DRIVER FOR MAC EL CAPITAN OR LATER]欄内、[ダウンロードリンク](バージョン2.0.0)から、ドライバをダウンロードしインストールします。
    https://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/software/controller/ddj-sr2/#drivers

    ■機能拡張ブロックの許可
    ※上記ドライバのインストールから30分以内に操作行ってください。

    ドライバダウンロードページ内の、[DDJ-SR2 DRIVER FOR MAC EL CAPITAN OR LATER]欄内にございます、
    [macOS Mojave 10.14、macOS High Sierra 10.13にインストールする際の注意事項へ] をご確認の上、Macのセキュリティとプライバシー画面上にて、インストールしたドライバの[許可]を行います。
    ※ドライバの[許可]に関する表示や操作は、インストールしてから30分間のみ可能なものでございます。
     

    Title Text

    A sentence or two describing this item.

  • お見積もりはこちら

    All Posts
    ×
    ×
    ASSIST DJsは、事業運営上お客様の個人情報を取扱うこととなるため、当社倫理綱領に基づいて本方針を定め、個人情報管理体制を確立し、企業として責任ある対応を実現するものとします。
    
    方針1. 個人情報の利用の目的をできる限り特定し、当該目的の達成に必要な範囲内で適切に取扱います。また、目的外利用を行なわないための措置を講じます。
    方針2. 個人情報は、適法かつ適正な方法で取得します。
    方針3. 個人情報は、本人の同意なく第三者に提供しません。
    方針4. 個人情報の管理にあたっては、漏洩・滅失・毀損の防止及び是正、その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるよう努めます。
    方針5. 個人情報の取扱いにあたっては、その情報を提供した本人が適切に関与し得るよう努め、可能な限り正確かつ最新の内容に保つよう努力します。
    方針6. 個人情報保護に関する法令を遵守し、また個人情報保護に関する社内規程を定め、継続的な見直しを行い遵守します。
    方針7. 個人情報保護に関する苦情及び相談に対応する窓口を設けて、適切に対応するよう努めます。